×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

coach コーチ バッグ

コーチはアメリカの一流皮革メーカーです

コーチはアメリカの一流皮革メーカーです。1941年、ニューヨークのマンハッタンで創業し、上質な革へのこだわりと細部までこだわった職人芸が評価されていましたが、爆発的に人気になったのは、1996年、リード・クラッコフがクリエイティブディレクターになったことが大きいです。シグネチャーシリーズの生みの親でもあります。


現在、コーチのバッグは、これだけのラインに分かれて展開されています。ハンプトンズ ハンドバッグ、リゾートコレクション、ギャラリートート、ブリーカー ハンドバッグ、ダッフル、ヘリテージストライプ、レガシーハンドバッグ、コーチエルゴハンドバッグ、シグネチャー ストライプ ハンドバッグ、パーティーバッグ、斜めがけバッグ、クラシック シグネチャー ハンドバッグ。


コーチの正規品バッグを一番安く購入できるのは、コーチ生みの国であるアメリカです。アウトレット店だとさらに安く購入できます。次にアメリカ空港内の免税店、そして日本の空港内にある免税店といった順番になります。円高になっているときは、チケット代込みでもアメリカに買いに行った方がお得の場合もあります。


お気に入りのコーチのバッグ。毎日気持ちよく使えるよう、お手入れをしてあげましょう。革のバッグには、まずクリームを塗ってあげましょう。透明な靴クリームがおすすめです。次に防水スプレーをかけてあげさえすれば、あとは、毎日さっと乾拭きするだけできれいな状態を保てます。


コーチのシグネチャライン

コーチはアメリカを代表する皮革製品のブランドです。コーチの歴史は1941年にニューヨークはマンハッタンで創業したことからはじまります。名前の由来は馬車の代名詞だったハンガリーのコーチ(Kocs)という町の名前なんだそうです。コーチの魅力はなんといっても、機能性とデザインがきちんと両立、共存していることです。


コーチのシグネチャラインにはいろいろな種類がありますが、そのうちのひとつ、シグネチャータイダイは、コーチのバッグの中でもいちばんカジュアル寄りといっていいでしょう。タイダイとは、そもそも「絞りぞめ」という意味を持ち、アジアの衣装によく用いられます。コーチでは、この絞り染め独特の色合い、模様をうまくバッグのデザインに取り入れてポップな印象にしています。


コーチのバッグを安く手に入れたいのなら、アメリカで購入するのが一番安いです。円とドルのレートにもよりますが、日本よりも半額近い値段で入手することができます。これは、コーチがアメリカのブランドであることと、日本の関税があまりに高すぎるためです。


コーチの限らず、革製品はメンテナンスが必要になってきます。やり方は靴と同じように考えていればいいです。使った後は、ほこりを落とし、湿気を取るために、乾燥しているところで陰干しするか、乾燥剤と一緒に保管するようにするのがポイントです。


コーチとは、アメリカが誇る革製品のブランド

コーチとは、アメリカが誇る革製品のブランドです。2007年のlivedoor リサーチによると、ルイヴィトン、エルメスに次いで、「一番好きなブランド」「最も流行しているブランド」において堂々三位につけています。しっかりとした革の品質へのこだわりと、ニューヨークの香りただようスタイル、デザインが魅力です。


コーチの中でもとりわけ人気ラインとしてシグネチャーラインが挙げられます。シグネチャーラインとは、俗にCoach柄といわれる、「CC」のロゴをメインにおいてデザインされたものを指します。2000年の秋冬にデビューした後、大ヒットを受けて現在は、バッグだけでなく、財布やスカーフなどまでいろいろなアイテムで展開されています。


コーチはアメリカのブランドなのでアメリカで購入するのが一番安いです。日本の関税の関係もありますが、50%近く値段が変わってきます。イーベイなどでアメリカ在住の出品者から落札するのも一つの手です。その場合は、出品者の評価と日本までの送料を検討事項に入れましょう。


コーチはブランド製品ですので、もし破損してしまった場合は、直営店に持ち込めば、何年たってもアフターサービスで修理をしてもらうことができます。その程度、度合いによって、時には新しく買った方が安いときもあるかもしれませんが、こうした、いつになっても製品保証してくれる、というのは一流ブランドの強みです。